クロスバイク役立ちブロブ

クロスバイクについてのお役立ち情報をお伝えします。

2021最新 トレックのクロスバイクで人気のFX Diskシリーズを比較

f:id:jansen110:20210501093409j:plain

トレックのクロスバイクがいいなぁと思っていざ調べてみると意外に種類が多くてどれを選んだらいいか迷ってしまうそんな事はありませんか?

そんなたくさんあるトレックのクロスバイクの中で、一番の人気がFX Discシリーズです。

中でもおすすめのFX3 Disc、FX2 Disc、FX1 Disc、この3種類に絞って特徴をお話していきます

トレックのFX Discシリーズはどんなクロスバイク?

初めてのスポーツバイクにおすすめのベストモデル!

FX Discシリーズはトレックのクロスバイクの中でも大人気シリーズ。

トレックのクロスバイクにはたくさんの種類があります。

  • e-bikeだったり
  • オフロードよりだったり
  • 走り重視のスポーツ性

なかには20万円を超える高性能なクロスバイクもあります!

これって、クロスバイクで20万円を払うんだったら、さすがにロードバイクを買った方が断然お得だと思います。

その点FX Discは価格を抑えて、初心者でも手を出しやすいコスパに優れたモデルになっています。

通勤通学などの日常の移動手段から気軽に楽しめるサイクリングまで、オールラウンドに大活躍なクロスバイク。それがFX Diskシリーズです。

そんなFX Diskシリーズの中で特におすすめの下記3モデルについて詳しく紹介します

✓おすすめ3モデル

  • FX3 Disk
  • FX2 Disk
  • FX1 Disk

FX3 Disk

  • 価格:90,200円(税込み)
  • 重量:11.74kg
  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:カーボン
  • ブレーキ:油圧式ディスクブレーキ(シマノ製)
  • 振動吸収に長けたカーボンフォーク
  • シマノ製油圧式ディスクブレーキ
  • すこし高めの価格がネック

上記の通りで、一番オススメのモデルがこのFX3 Diskです。

では、順番に解説します。

高級感漂うカーボンフォーク

マイルドな乗り心地で快適な走りを実現。

フォークとは前輪の軸部分に取り付けてスムーズに回転させるためのもので、一般的にフロントフォークと呼びます。

このフロントフォークの材質がカーボンになることで大きなメリットが2つあります。

  • 振動吸収に優れている
  • スチールやアルミに比べて軽い

カーボンフォークの最大のメリットが振動吸収の性能が高いということです。

例えば、劣化して凸凹のアスファルトを走った場合、スチールやアルミではガタガタとタイヤが浮きまくる感じが、カーボンになるとコトコトと衝撃を吸収してくれるイメージ

もう一つ、軽くなることでペダリングがかなり楽になります。

油圧式ディスクブレーキ

安心のシマノ製で確実に止める

FX3 Diskのブレーキは日本が誇る世界のシマノ製の油圧式ブレーキです。

ディスクブレーキは、ホイール中心部に付いているディスクローターと呼ばれる円盤上のものを左右のパッドで挟み込んで車輪を止める構造です。

このディスクブレーキを油圧で制御することで、従来より軽い力できちんとブレーキが効いてくれます。

更に、シマノ製ということで信頼度が大幅にアップします。

すこし高めの価格が玉にキズ

クロスバイクで10万円は高いんじゃない?

FX3 Diskは税込みで90,200円で、10万円に届く勢いの値段です。

クロスバイクで10万はちょっと高すぎるんじゃない・・・と思う気持ち、わかります。

確かに安くはないです。というか高いです(笑)

  • フロントフォークがカーボン
  • シマノ製油圧式ディスクブレーキ

上記利点のほかにも、FX2 DiskやFX1 Diskには無いFX3 Disk独自のメリットがあるのですが、やっぱり少し高めで簡単には手が出せない金額ですよね。

でも、

金額よりも性能重視!

FX3 Diskには、それだけ魅力があるんです。

FX2 Disk

  • 価格:72,600円(税込み)
  • 重量:11.95kg
  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:アルミ
  • ブレーキ:油圧式ディスクブレーキ(テクトロ製)
・コスパに優れた安定モデル

コスパが高い安定モデル

走りの良さと価格のバランスが絶妙

FX2 DiscはFX3 Discと次に紹介するFX1 Discのちょうど中間に位置するモデルで、両者のいいとこ取りを実現したモデルなんです。

例えば、メーカーは違えどFX3 Discと同じ油圧式ブレーキの採用により、軽い力でブレーキをかけることができます。

他にもフロントフォークがFX1 Diskのスチール製に比べ、FX2 Diskではアルミを使用してより軽量になっています。

FX2 Diskは通勤・通学はもちろん、サイクリングにもぴったりなバランスの取れたモデルです。

FX1 Disk

  • 価格:60,500円(税込み)
  • 重量:12.90kg
  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:スチール
  • ブレーキ:機械式ディスクブレーキ
・トレックのクロスバイクで最安モデル

トレックのクロスバイクで最安

性能よりも、とにかく安く済ませたい!

FX1 Discの一番の魅力が60,500円(税込み)という、トレックのクロスバイクで最安価格です。

上位モデルと比べると、どうしても性能面で劣る部分があるんですが、ここは割り切って安さを取るのもいいのかなと思います。

そうすると、必然的に通勤・通学がメインの乗り方になってくるのかなと。

サイクリングにしても長距離ではなく、街乗りや気分転換に近場をゆっくり走るのがいい感じかなと。

でも、安いと言ってもフレーム自体はFX3 DiscやFX2 Discと同じトレック独自のアルミを使っていて、ブレーキや変速機のワイヤーケーブルをフレームに内蔵することで見た目もスッキリしています。

FX1 Discは「とにかく安くて、それなりの性能を兼ね備えたクロスバイクが欲しい」

そんなクロスバイクです。

【e-bikeと電動アシスト自転車】3つの違いをわかりやすく解説!

e-bikeと電動アシスト自転車の違い

モーターの力で漕ぐのをアシストしてくれる電動アシスト自転車。

普通に生活の一部として活躍してくれてます。

でも最近、よく聞くe-bike

電動アシスト自転車と何が違うの?・・・

なんとなく、どちらも同じイメージに思えるけど・・・

そんな、e-bikeと電動アシスト自転車の違いについて解説します。

あわせて、e-bikeにおすすめの乗り方もお伝えします。

e-bikeと電動アシスト自転車の違い

実はe-bikeも電動アシスト自転車です。

ややこしいですね。(笑)

電動アシスト自転車とはモーターの力を借りて、人力を補助する自転車のことです。

ペダルを漕ぎだすといっしょにモーターも動き出してアシストが始まります。

これはe-bikeもいっしょです。

じゃあ違いは何かというと、

  • e-bike → スポーツタイプ
  • 電動アシスト自転車 → ママチャリタイプ

一般的にこのように分けられます。

そんなe-bikeと電動アシスト自転車の大きな違いが次の3つです。

  • 実用車とスポーツ車の違い
  • ドライブユニットの性能による違い
  • ドライブユニットの配置による違い

実用車とスポーツ車の違い

実用か趣味か?

電動アシスト自転車は主に日常を快適に過ごすことが目的で、e-bikeは自転車に乗ることを趣味にして楽しむことが目的。

これが両者の一番の違いではないでしょうか。

日常仕様でストップ&ゴーが多い電動アシスト自転車は最も使用頻度が高い低速重視。

長距離でも疲れにくいのはもちろん、スポーツバイク特有のペダルを漕ぐ楽しさも、しっかり考えられたe-bike。

このように、実用車とスポーツ車ではっきり用途が分かれています。

ドライブユニットの性能による違い

ドライブユニットとは、アシストするモーターとそれを制御するユニットの総称で、心臓部みたいなもんです。

e-bikeのドライブユニットは電動アシスト自転車に比べて、走りを重視した軽量コンパクト。なのにパワフルでキビキビと走り、綿密な制御でアシストします。

徹底的に走る楽しさを追求したドライブユニットなんです。

ドライブユニットの配置による違い

e-bikeのドライブユニットはペダルの回転軸に直結されています。

このためペダルの踏み込みをすばやく感知し、モーターの力をダイレクトにペダルに伝達しアシストしてくれます。

いっぽう、電動アシスト自転車のドライブユニットはペダルの付いている前側のギアのすぐ後ろにチェーンを補助する形で配置されています。

ペダルの回転軸を直接まわすのではなく、ペダルと連動するチェーンを引っ張る形でアシストします。

なので、e-bikeと比べて踏み込んだときにタイムラグを感じ、もっさりした感覚になります。

e-bikeにおすすめの乗り方

e-baikeと電動アシスト自転車の違いがわかったところで、e-bikeにおすすめな乗り方を3つ紹介します。

  • 満員電車と無縁の自転車通勤
  • ゆったりツーリング
  • 今までの無理を可能にしてくれる

満員電車と無縁の自転車通勤

満員電車

朝からぎゅうぎゅう詰めの満員電車!

  • 蒸し暑い・・・
  • 狭い・・・
  • 息苦しい・・・

こんな地獄のような時間も、自転車通勤に変えることで一変します!

しかも、e-bikeにすることでアップダウンがきつい道も快適に走ることができんです。

職場についた途端、ダラダラ汗が流れることも少なくなることでしょう。

でも、やっぱり真夏は厳しいですね(笑)

自分のペースでゆったりツーリング

e-bikeは漕ぐ際に電動でアシストしてくれます。

ただし、時速24kmを超えるとアシストが切れて、あとは人力に戻ってしまいます。

高速走行での恩恵は少ないけれど、時速20〜30kmでの電動アシストの恩恵を受けながら、たまに高速での人力も使って、景色を堪能しながらのゆったり、まったり、ほどよいツーリングもおすすめの乗り方です。

誰かに気を使うこともなく、マイペースでじっくり景色を観ながら自由に走れる楽しみ

これって、最高のひとときかもしれませんね ♪

無理を可能にしてくれる

e-bikeだったら、今まで「体力的に無理」と思っていた場所も可能にしてくれます。

電動アシストと人力の組み合わせで、今までにない軽快な走りを味わえます。

  • 下から見上げる果てしないつづら折り
  • 足をつかずに上まで登れたらなぁ・・・
  • 頂上から見下ろす景色は最高だろうなぁ・・・

いつもは敬遠して通りすぎるだけの激坂もe-bikeがあれば無理なく登ることができるかも!

上り坂だけではありません。

体力的にあきらめていた、いつもよりよりちょっと遠くまでが実現します。

e-bikeがあれば無理を可能にしてくれるんです ♪