クロスバイク役立ちブロブ

クロスバイクについてのお役立ち情報をお伝えします。

クロスバイクが足もつかないほど高い理由と乗り降りの方法を初心者向けに解説

f:id:jansen110:20210713055912j:plain

クロスバイクに乗ったとき地面に足がつかなくてとても怖いのですが・・・

 クロスバイクに初めて乗ると、そのサドルの高さにびっくりして戸惑ってしまうものです。

今までママチャリしか乗ったことがないのに、いきなりあの高さに乗れと言われてもどうやって乗ればいいのか不安になることでしょう。

 でも大丈夫です。

 そんなクロスバイクでも、乗り方のコツさえつかんでしまえば怖くないです!

この記事では、足がつかないほどサドルの高いクロスバイクの乗り方をお伝えします。

 一度、クロスバイクで軽快に風を切って走ることを体験すれば、きっと病みつきになりますよ♪

クロスバイクは足がつかないのが普通です

f:id:jansen110:20210713060525j:plain

クロスバイクのサドルにまたがった時に地面に足がつかなくても大丈夫です。

その高さはサドルにまたがった状態で両足がつかないくらいで、ママチャリなどと比べてかなり高い位置です。

なぜなら、それがクロスバイにとって一番ベストなポジションだからです。

  • 疲れにくい
  • 乗りやすい
  • ひざへの負担が少ない

このようにクロスバイクのサドル位置は、クロスバイクを乗る上でとても大事なことなんです。

クロスバイクの適正なサドル位置の出し方

f:id:jansen110:20210713060537j:plain

では、クロスバイクを乗る上で一番ベストなサドルの位置を出す方法をお伝えします。

  1. クロスバイクのサドルにまたがる
  2. ペダルを一番下まで下げる
  3. 足の親指付け根にある丸く膨らんでる部分(拇指球・・ぼしきゅう)でペダルを踏む。
  4. この状態でひざが軽く曲がる位置がベストポジション

簡単に言うと上記のとおりです。

まず、クロスバイクのサドルにまたがります。

片方のペダルを1番下になる位置まで持っていき、拇指球でペダルを踏みます。

この状態で膝が軽く曲がる程度の位置がサドルの適正位置です!

最初はサドルを低めの位置からスタートさせて、確認しながら徐々に上げていくのがやりやすいと思います。

高くなってくるともう片方の足が地面につかなくなってきます。

そんなときは壁などに寄りかかってやるといいですよ。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車は、乗る時や降りるときのことよりも走ることに重点を置いた自転車です。

なので止まっているときの安定性よりも、どれだけペダルをスムーズに漕ぎやすく、かつ楽にスピードが出せるかが重要なんです。

クロスバイクの乗り降りの方法

f:id:jansen110:20210713060552j:plain

クロスバイクを乗るのに足がつかないのが正常なのはわかった。

けど、足がつかないのにどうやって乗り降りするの?

こんな不安が湧いてくると思います。

さっそく乗り方、降り方、それぞれの方法をお伝えします。

クロスバイクの乗り出し方

こちらのサイトがわかりやすいのでご覧ください

クロスバイクの乗り方・降り方をマスターしよう (2ページ目):ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた:日経Gooday(グッデイ)

  1. 片足を後輪の方から回してまたぐ
  2. サドルの前位置に立つ
  3. 利き足をペダルにかける
  4. ペダルを踏み込み、反対のペダルにも足を乗せる
  5. 立ち漕ぎの姿勢からお尻を後にずらしサドルに座る

肝心なのは「いっせいのっ!」で思いっきりペダルを踏むことです。

思いっきりペダルを踏み込むことで自転車が前に進み出します。

進みだすと自転車が安定します。

この安定している間に、もう片方の足もペダルに乗せ、立ち漕ぎの姿勢を取ります。

すると、お尻がサドルより高い位置になるのでそのままお尻を後にずらせばサドルに座ることができます。

すべては最初のひと漕ぎにかかっていますよ!

クロスバイクの降り方

降りるときも同じサイトがわかりやすいです。

クロスバイクの乗り方・降り方をマスターしよう (4ページ目):ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた:日経Gooday(グッデイ)

  1. 前輪ブレーキで大方減速し、前後輪いっしょにブレーキをかけ十分に減速させる
  2. 止まる寸前に利き足のペダルに体重をかけて立ち漕ぎの姿勢と取る
  3. 自転車を少し利き足と反対側に傾けながら反対の足を地面につける

多分、乗る時よりも降りるときの方が何倍も怖いのでは?

何といっても足がつかないんですからとても不安だと思います。

僕も最初はすごく怖かったです。

事前に降り方を教わっても、いざその時が来るとタイミングがつかめないんです。

なので、ドキドキしながら少しのあいだ乗り続ける羽目になってしまうことが多々ありました。


でも、降りるときのほうが乗るときよりも簡単だと思います。

ただ、怖いだけです。

十分に減速をしたら、サドルの前に移動しながら立ち漕ぎをして降りる方の足を地面につける。

これだけです!

あとは練習あるのみ!

それでも怖ければ足つきで全然OK!

f:id:jansen110:20210713060615j:plain

クロスバイクで足が付かない乗り方が絶対だなんて無いです!

いくらペダリング効率がいいからと言え、今までママチャリしか乗ったことがなくて急にこんな足がつかない自転車に乗れなんて言われても‥

何もこの高さで問題なく乗れるんだったらいいんです。

でも、どうしても怖くて、なんだかんだで結局乗らなくなってしまった。

こうなってしまうとせっかくのクロスバイクが宝の持ち腐れです!

f:id:jansen110:20210713181129j:plain

なので、サドルにまたがって足がつく安心な高さで乗っていいと思います。

最初はこれで乗りながら、慣れてきたら徐々にサドルを上げて行けばいいんじゃないでしょうか。

あ、サドルを低くするときには、低くする前のサドル位置に印をして控えておいてください。

念のために。

元の位置が1番乗りやすいと思う時期がやってくると思います。

というか、かならず来ると思います。

クロスバイクを楽しんで乗り続けていれば・・・♫

まとめ

この記事では、クロスバイクが足がつかないほど高い理由と乗り降りの方法を初心者向けにお伝えしました。

  1. クロスバイクは足がつかないのが普通
  2. クロスバイクの適正なサドル位置とは
    • サドルにまたがり、ペダルを踏んで一番下で軽く膝が曲がる位置
  3. クロスバイクの乗り方
    • 利き足でペダルを思いっきり踏んで、立ち漕ぎの姿勢からお尻を後ろにずらして座る
  4. クロスバイクの降り方  
    • ブレーキをかけて止まる寸前に、立ちこぎの姿勢で前に移動して片足を地面につける
     
  5.  
  6. 最初は足がつく高さでも大丈夫!

 

いつかはクロスバイクに乗るのが楽しいと思っていただければうれしいです♪

クロスバイクのギアチェンジでガチャガチャ音がするときに真っ先に確認するべきたった一つのこと

f:id:jansen110:20210707205652j:plain

最近、クロスバイクのギアチェンジがうまくいかなくて悩んでいませんか?

  • シフトレバーを押してもスムーズにギアチェンジできない。
  • ギアチェンジの際に後ろの方でガチャガチャ音がする。

 

もしかして故障!?

 

買って間もないクロスバイクなのに・・・

大事な愛車がとても心配になりますよね。

でも、ちょっと待ってください。

もしかすると異常ではなく、

ワイヤーの初期伸びというものかもしれません。

新品のクロスバイクを乗っていて必ずといっていいほど起こるこの初期伸びというものを疑ってみてください。

今回はクロスバイクを買って間もないうちにギアチェンジがうまくいかなくなったときの対処法をお伝えします。

クロスバイクでギアチェンジする時ガチャガチャ音がする!

 

f:id:jansen110:20210707210116j:plain


クロスバイクを乗り始めて少し経ったとき、ギアチェンジをする際にガチャガチャ音がすることがあります。

そんな時に起こる症状は主に次の2つがあります。

  • すぐにギアが切り替わらない
  • ギアチェンジしようとしているが結局元の位置に戻ってしまう。

すぐにギアが切り替わらない

ギアチェンジしようとシフトレバーを押すけど、すぐには切り替わらないでガチャガチャ音がしながら切り替わる。

切り替わるまでの時間は様々ですが、ひどいと何秒もガチャガチャ音がしたままの状態が続きます。

ギアチェンジしようとしているが結局元の位置に戻ってしまう。

シフトレバーを押すとガチャガチャ音がするだけで切り替わらずに元の位置のまま。

チェーンは次の段まで移動しようと途中まで来るものの、結局は元に戻ってしまいます。


クロスバイクを購入して1ヶ月ほど経ってからこのような症状が出た場合はワイヤーの初期伸びを疑ったほうがいいです。

クロスバイクでギアチェンジするときのガチャガチャ音の原因

f:id:jansen110:20210707205805j:plain

クロスバイクのギアチェンジ用ワイヤーケーブルは新品から1ヵ月ぐらい使用するとワイヤーが少し伸びます。

これを初期伸びといいます。

なぜ伸びるかというと、クロスバイクのギアチェンジをするときに手元のシフトレバーをカチカチやって変えますよね。

この時に、ギアの段数を変える変速機をワイヤーで引っ張ったり、緩めたりしてギアチェンジしています。

ギアチェンジするたび、ワイヤーに結構なテンションがかかるわけです。
このギアチェンジの積み重ねで初期伸びが発生します。

ただし、一度ワイヤーが伸びてしまうと後は伸びる事はありません!

 全く伸びないというわけではなく、乗るのに支障もなくほとんど気にならないレベルの伸びだと言うことです。

この初期伸びの状態でシフトチェンジをすると、通常よりもワイヤーを引っ張る量が足りず、ディレイラーがギアとギアの中間で止まってしまいます。

この中途半端な位置でチェーンがまわりだすとガチャガチャ音がします。

そしてギアが切り替わると音もなくなります。

これがギアチェンジの時にガチャガチャ音がする原因です。

クロスバイクを買ったお店で診てもらうのが一番

f:id:jansen110:20210707205743j:plain

クロスバイクについてある程度の知識がある場合は別ですが、まったくの初心者の場合、クロスバイクを買ったお店に持っていって診てもらいましょう。

理由は2つあります。

  • 専門家に診てもらえれば安心
  • 自分でやると取り返しのつかないことになりかねない

専門家に診てもらえれば安心

クロスバイクを買ったお店に持っていけばちゃんと診てくれるはずです。

基本的にクロスバイクを買って最初の点検は無料でどこでもやってくれるのが普通です。

具体的には

  • ギアチェンジ用と、ブレーキ用それぞれのワイヤーケーブルの初期伸び対応
  • 各ネジ部分の増し締め
  • その他の点検

これを最初の1ヶ月点検では無料でやってくれます。

なので今回のようにガチャガチャ音がする何か変だなと思ったら気にせずもっていくのがお勧めです。

というか特に異常が見つからなくても最初の点検だけは絶対にやったほうがいいです。

異常がないと思っても、実際に専門性見るのと素人が見るのとでは全く違うはずです。

やっぱり専門家に診てもらった方が安心しますからね♪

自分でやると取り返しがつかないことになりかねない

初心者が好奇心でいじくるのはやめましょう。

というのも.自分でいじってしまうと保証が効かなくなって無料の初期点検も有償になる恐れがあるからです。

その他にもネットとかで修理方法を調べて、いざやってはみたものの、やっているうちに訳が分からなくなってしまう。

最悪、全然ギアチェンジできなくなってしまった・・・

こんな大変な事も起きる可能性があります。

その他にも

「そもそもワイヤーの末端部分の止め金具がチェーンに当たってカラカラ音がしていただけなのに初期伸びだと思い調整してしまった。」

こんな感じで的外れな対応をしてしまうと、無料でできるものが有料になってしまいます。もしかすると部品交換になってしまうかもしれません。

なので最初のうちは買ったお店に持っていって診てもらいましょう。

診てもらいながら、お店の人にやり方とかを教えてもらえばいいんです。

自分で治すのはそれからでも全然遅くないです!

まとめ

クロスバイクを購入して少ししてからギアチェンジでガチャガチャ音がする時は初期伸びの可能性があります。

  • ギアチェンジがスムーズに切り替わらない
  • ギアチェンジしようとするが元に戻ってしまう
  • ギアチェンジの時、なんか重い

こんな症状が出たら初期伸びを疑いましょう。

その他、なんか変だなと思ったら迷わず、クロスバイクを買ったお店に診てもら宇野が安心です!

初期点検は無料でやってくれますよ。